ジェネリック医薬品とは何か

ジェネリック医薬品は、年々注目を浴びてきている医薬品です。
薬局にいくと、ジェネリックにしますかと聞かれることもあるでしょう。
最近では動物病院でもジェネリックを使いますかと問われることもあり、かなり浸透してきていることは間違いありません。

ですが、言葉は先行していても、実際には何なのか知らない人も多いでしょう。

後発医薬品と新薬の特許

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことを指します。
線香医薬品である新薬より、安価で供給することができるところが最大のメリットでしょう。

安価で供給できる理由は、新薬の特許が切れることで、独占販売の状態ではなくなるということがあります。
特許期間満了後に、同じ成分や効果を持っている医薬品を他社が販売できるようになります。
その時に、低価格で販売することを認める代わりに、同等の性能があることを証明することができればジェネリック医薬品として認められるのです。

この承認は、新薬の段階で使用実績があることが重要で、審査項目が少なくなるのが特徴でしょう。
その分だけ研究開発費も少なくなりますので、価格も抑えることができるというわけです。

工夫ができる点を知る

ジェネリック医薬品は、すべてが同じものではありません。
大きくて飲みにくかったものは小さくすることがありますし、苦い薬はコーティングして飲みやすくすることもあります。
価格が安くなるだけではなく、利用もしやすくなっているのが、ジェネリック医薬品なのです。

実はジェネリック医薬品には、新薬と同じにしなければいけない点と、工夫できる点に分かれていいます。
同じようにしなければいけないのが、薬の成分でしょう。

成分を変えてしまうことで、効果も変わってしまい、有効性や安全性も変化が出てしまいます。
用途用法も変わってくることになりますので、使用上の注意まで変えなければならないため、同じにしなければいけないのです。

工夫できる部分としては、製剤があります。
添加物や性状を工夫することができ、色や味、臭いや大きさといった、利用する場合に問題となりやすい部分を改良していくことができるのです。

これは何も内服薬だけのことではなく、外用薬の場合には貼り心地を変えることができます。
使い勝手も変わってきますので、とても大きな変更となるといえるでしょう。

ジェネリック医薬品は全てが素晴らしいわけではない

海外ではジェネリック医薬品は、普及率が80%を超えている国さえあります。
主流は新薬ではなく、ジェネリック医薬品であるといってもいいでしょう。

医療費を節減する効果もありますが、新薬に対する投資の問題や添加物や性状を変えることで効きが変わるといった問題も抱えています。
ある程度許容できるものもありますが、新薬以上に効果を知り、薬は選択していかなければいけない時代に来ているといえるのです。