なじみ深いビオフェルミン

日本人には、なじみがある薬として、ビオフェルミンがあります。
整腸作用を考え、子供のころから飲んできた人も多いでしょう。
腹痛用の薬として即効性の強い薬ではありませんが、毎日飲んでいくと腸内環境を整えていくことができるのです。

ビオフェルミンとはそもそもなにかといえば、人間の持っている乳酸菌を製剤化したものになります。
それを腸に届けられるように研究され出来上がったものなのです。

乳酸菌といっても、数多くの種類があるわけですが、その中でも人間の持っている乳酸菌を由来としているのは、腸との相性の問題があります。
人間の持っている乳酸菌であれば、相性に問題は出にくく、乱れやすい腸内環境の改善に役立たせることができるのです。

ビオフェルミンを支える3つの乳酸菌

ビオフェルミンに含まれている乳酸菌は、G9-1ビフィズス菌、129BIO3Bフェーカリス菌、KS-13アシドフィルス菌の3つです。
この3つの菌がバランスよく保つことで、腸内環境を整えてくれます。

G9-1ビフィズス菌は、大腸に住み着く菌種で悪玉菌を抑えてくれます。
129BIO3Bフェーカリス菌は、省庁のほうに住み着き増殖していきます。
この菌は、ビフィズス菌やアシドフィルス菌をサポートし、増殖の手伝いをするのです。

KS-13アシドフィルス菌は、省庁に住み着きながら乳酸を作ります。
これにより、悪玉菌を抑え込み、有害な部室を作り出させないようにコントロールすることができるのです。

日々飲むことで効果を発揮できる

腹痛用の薬というと、痛くなったら飲むことが普通でしょう。
しかし、ビオフェルミンの場合には、日ごろから調子を整えるために飲み続けることが大切です。
下痢や便秘に対しては、下痢止めや止瀉薬、便秘薬のビオフェルミンがありますので、そちらを飲むといいでしょう。

ただし、飲む時間は考えなければいけません。
胃酸が強い食前では、乳酸菌が死滅する可能性が高くなります。
そこで、胃酸が落ち着いてくる食後に飲むことで、腸まで生きたまま確実に送り届けることができるのです。

安全なビオフェルミンだからこそ

妊娠中でも飲むことができるのも、ビオフェルミンの大きな特徴といえるでしょう。
有害な悪玉菌を減らすことができる意味は大きくても、体内に吸収されるのでは怖いと考えるのが当然です。
ビオフェルミンの場合には、吸収されることもありませんし、元々腸内にいる菌を製剤化しているのですから健康上も何ら問題がないのです。

もしも、1か月以上服用した結果、何ら改善が実感できない場合には、一度病院で診察を受けることも重要となります。
原因となっている疾患が、腸内環境とは別の問題かもしれませんので、できるだけ早く見てもらうことが大切となるのです。