下痢で苦しい時に水なしですぐ飲むことができるストッパ

緊張しているときに、突然下痢の痛みが襲ってくることがあるでしょう。
誰でも一度や二度はあるものですが、この辛さは表現しがたいものがあります。
特に人前に出ているときには、どうしようもないつらさが襲い掛かり、冷や汗さえ出てくるでしょう。

何としても抑えなければいけない時、ただ我慢し続けているのもかなりの苦痛を伴います。そんな時には、水なしで飲むことができるストッパが活躍してくれるのです。

ストッパの最大の特徴は、口の中のわずかな唾液でも溶け出すということでしょう。
薬が溶け出すというと、何か嫌な味がするのではないかと思いそうですが、さわやかなグレープフルーツ味になっており、後味も不快な感覚にならないようにできています。
大きさも小さくなっており、ためらうことなく飲むことができるのです。

ストッパは、急な下痢の原因となっている腸の異常収縮を抑えます。
これは、副交感神経が活発になったことによって、引き起こされていきます。
この状態を左右しているのが、神経伝達物質のアセチルコリンなのですが、ストッパはこの物質の働きをブロックして抑制してくれるからこそ、素早く効くのです。

神経伝達物質を抑え込み炎症からも守る

神経伝達物質のアセチルコリンの働きを抑えるというと、ストレスのようなものを起因とする状況しか効果がないのかと思ってしまいますが、ストッパは違います。
食べ過ぎや飲みすぎの時でも、タンニン酸ベルベリンという物質が、腸の粘膜を炎症から守り、水分を減らしていくことができます。
腸管内の病原菌も抑え、殺菌することもできるため、食あたりの下痢であっても効果を発揮することができるのです。

小中学生用のストッパ

ストッパは、15歳以下は服用してはならない薬です。
しかし、現代の子供たちも受験などの過度のストレスにさらされることは珍しくありません。
大事な場面で苦しんでいては、いい結果も生まれません。

そこで、専用となっているストッパもあります。
小中学生用のタイプで、どこでも飲める利便性の高さは同じです。
配合などを適切な量に変えてあるタイプですが、5歳未満には服用させないでください。

女性専用のストッパエル

女性専用ということで、ストッパエルもあります。
女性の場合には、生理周期の問題で下腹部の痛みとともに下痢を引き起こしてしまうことがあります。
便秘は解消できても、つらい下痢を引き起こしてしまっては元も子もありません。

水なしで飲むことができるのは同じですが、味はさわやかなアップル味になっています。
さらに、生薬成分を配合しているところに違いがあります。
鎮痛消炎効果のあるシャクヤク乾燥エキスや、アセチルコリンを抑えるロートエキスが配合してあり、腸の異常収縮を抑えてくれるようになっているのです。

精神的な下痢に対しても効果がありますので、ここぞというときにはポケットに忍び込ませておいてもいいでしょう。