怪我による傷口の化膿予防のための薬品

ゼリア新薬の「ドルマイシン軟膏」は、二種類の抗生物質を配合した抗菌作用に優れた薬品です。
見た目は透明な軟膏となっており傷口に薄く塗って使用していきます。
主な効能としては、外傷や火傷などでできた傷口の化膿止めで、他にもとびひや毛のう炎、湿疹、伝染性皮膚炎、皮膚潰瘍といったものが挙げられます。

成分としてはコリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン)とパシトラシンが配合されており、シンプルながら非常に効果が高い薬品としてよく知られているところです。

上記の他にも靴ずれや唇の乾燥といった様々な皮膚トラブルに総合的に対応することができるので、家庭に一本の常備薬として大活躍です。
ニキビ治療薬として使用をする人もおり、治りにくいケロイド状のニキビに使用をしてもキレイに治すことができるとして顔の肌荒れに悩む人にとっても重宝する薬と言えます。

ニキビ予防に強い効果を発揮する理由

本来は肌荒れや傷の治療のために用いられるドルマイシン軟膏ですが、ニキビ予防薬として使用をする人も増えてきています。

なぜニキビに効果があるかというと、ドルマイシン軟膏に含まれている成分の強い殺菌効果のためで、パシトラシンが肌に浸透するときに最近のタンパク質の合成を阻害することから肌の奥に入り込んだ雑菌を殺すことができます。

思春期にできるニキビでも特に治りにくいのは白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビといったものですがこれらは全て皮膚の内側に原因となるアクネ菌が繁殖し化膿をさせていることが原因です。

ですので皮膚の内側の雑菌を消滅させることができるパシトラシンを含むドルマイシン軟膏はニキビ予防や治療に非常に高い効果を発揮することができるのです。

ニキビの原因であるアクネ菌の他、ブドウ球菌やマラセチア菌といった肌表面に繁殖しがちなしつこい雑菌も同様になくす効果があるので、くっきりと浮き出てケロイド状になってしまったようなニキビにも十分に対応が化膿です。

ちなみに市販品として「ニキビ治療薬」とうたわれているものは、アクネ菌の殺菌予防効果はあってもブドウ球菌やマラセチア菌の予防効果はないものも多いので、かなりひどくニキビが出ているという人はむしろドルマイシン軟膏といった殺菌効果に特化した軟膏の方が向いているといえるかもしれません。

使用方法・副作用

ドルマイシン軟膏の持つ殺菌効果は人の肌にとって安全なものであるため、特に注意をしなくても誰でも安全に使用をしていくことができます。
ただし強い殺菌効果のもとは抗生物質であることから、もともと抗生物質にアレルギー反応を持つという人はいきなりたくさん使用せずまずは肌にあうかチェックしてから使用することがすすめられます。

なお同じゼリア新薬からはさらに効き目が強い「ドルマイコーチ軟膏」という薬も販売されています。
こちらはドルマイシン軟膏よりも更に強い殺菌効果を持って傷や火傷に対応をすることができる製品なのですが、ステロイド剤が配合されていることから肌の弱い人は傷めてしまう可能性があります。

逆にドルマイシン軟膏を使用して十分に効果を得られないと感じたときにはこちらのドルマイコーチ軟膏に切り替えてみるというのもよいかもしれません。