傷口を乾燥させるコーフル軟膏

皮膚の疾患というものは、かゆみを伴ったりするだけではなく、どうしてもかいてしまったりすることで悪化しやすいものです。
なかなか治りにくく、精神的にも悩みになってしまうことが少なくありません。
そんな時に、効果を発揮してくれるのが、殺菌能力の強いコーフル軟膏です。

殺菌に強い効果を発揮するアクリノールを主剤としており、化膿している患部を殺菌して新しい皮膚の再生を促します。
これにはビタミンAやD2が重要となりますが、コーフル軟膏には酸化亜鉛まで含まれており、かゆみや傷みも抑えながら傷口を乾燥させていくことができるのです。

傷口を乾燥させるということが重要で、コーフル軟膏はガーゼにつけて傷口に貼っても乾燥させることであとからはがすことが容易となります。
傷口をカバーすることができるようになれば、知らない間にかきむしってしまうような事態も避けることができるようになるのです。

はがすときも怖くありませんので、赤ちゃんや子供に使っても嫌がられることもありません。
お年寄りの床ずれのように、常にじゅくじゅくしやすい傷口もコーフル軟膏ならカバーすることができます。

コーフル軟膏にはステロイド剤が入っていません。
こういった部分も、赤ちゃんに安心して使うことができる部分となっているのです。

コーフル軟膏の使い方は

コーフル軟膏の使い方は簡単です。
適量を患部に塗るか、ガーゼにコーフル軟膏を塗り貼り付ける方法もとれます。

簡単な塗り薬ではありますが、患部が広範囲の場合や、アレルギーを起こしたことがある場合には、医師と相談して使用を考える必要があります。
あまりに湿潤している傷口の場合も、医師と相談するといいでしょう。

塗る時は必要以上にこすらずに

塗り薬を使う場合には、必要以上に擦り込む必要はありません。
少量をとって、薄く延ばせば大丈夫です。
こすりすぎると、皮膚の表面に炎症を引き起こすこともありますので、無理やり伸ばす必要はありません。

もしも、塗りすぎたと感じても、その分は吸収されないだけですので、副作用が強くなったりすることもないのです。