日本人の多くが悩む頭痛

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500日本人の多くは、つらい頭痛と戦っています。
世界中を見ても、頭痛餅と呼ばれる人は数多くいるといわれているのです。

誰もが感じたことのある頭痛ですが、集中もできなくなりますし、何かする気力も奪っていきます。
できるだけ早い段階で、頭痛薬を飲んだりすることも、珍しい風景ではないでしょう。

いやな頭痛を収めてくれるのですから、頭痛薬は非常に重要なものです。
ですが、効果が高い分だけ、誤った方法であったり、長期間にわたって服用したりすると、高いリスクを負うことも知っておかなければいけません。

頭痛薬を見て見ると、とても多くの薬があり、いったいどれがいいのか迷ってしまうことでしょう。
ぴったりのものを見つけられればいいですが、うまく相性が合わなければ、必要以上の薬を服用したりすることになるため、要注意であるといえるのです。

頭痛の代表的な薬

バファリン

日本で最も有名な頭痛薬といってもいいのが、バファリンでしょう。
鎮痛剤として最もメジャーなもので、アメリカでは1950年から販売がスタートし、日本でも1963年から販売が始まっています。
長い歴史もあるのがバファリンなのです、

シリーズもいろいろとあり、子供でも飲めるものから肩こり用まで幅広いバリエーションがあるのも特徴だといえるでしょう。
含まれているアスピリンは、副作用も強いものですので、下記のサイトのような情報も役立つでしょう。
>>頭痛薬を利用する際の注意事項【頭痛薬の落とし穴】

イブ

バファリンと並んで知名度の高い頭痛薬が、イブでしょう。
有効成分のイブプロフェンの市販薬第1号で、1985年に発売されました。
今では普通に購入できるイブですが、もともとは医療用の医薬品でした。

そこまで強い効果を持った頭痛薬ではありませんし、効果の出ない頭痛もありますので注意が必要です。

ナロンエース

即効性が高く、緊張型の頭痛には効き目が強いのがナロンエースでしょう。
エテンザミドを配合してある頭痛薬になり、アスピリンほどは胃腸に負担をかけません。
鎮静効果も高めてあるため、車を運転する人は眠気には注意して服用する必要があります。

ロキソニン

医療用として長く使用されていた薬を市販薬にしたのがロキソニンです。
強い痛みに関しても素早く沈静化することができるため、医療用としても効果の高い薬だったのです。
特に効果が高いのは偏頭痛でしょう。

特筆するべき点として、すべてに関して医療用と同じ成分量になっており、効果も同様のものを期待することができるということ。
その上、胃への負担が少なくなるように作られているのです。
ただし、第一類医薬品ですので、薬剤師の説明が義務付けられており、市販薬であってもいつでも手に入るとは限りません。

細かな部分は下記のサイトを参考にすると良いでしょう。
>>ロキソニンのことなら【管理薬剤師.com】

セデス

3種類の形で販売されているのが、塩野義製薬のセデスです。
胃腸の負担が少なくて済むようになっており、副作用も軽い薬となっています。
早く溶けることで、効果が表れるまで短時間で住むのも特徴でしょう。

急な頭痛にも効果を発揮することができますが、発熱にも対応できるため、常備しておいてもいいでしょう。